常務のひとり言(第78回)

桜もあっという間になくなって、4月ももう終わりですね。うちの息子も今年小学生になり、そろそろ小学校にも馴染んだのかなぁと少々心配しています(汗)さて、最近私はタクシー・代行・バス事業部に頻繁に足を運ぶ様にしています。自社及び他社でもドライバーの高齢化が進み、適正診断の受診や安全会議をおこなってはいますがやはり心配です。高齢化という問題は、社会的構造にも少なからず原因はあると思いますが、そこは言い訳にせず、業界として安全というものには真摯に取り組まなければなりません。私達経営者が高齢者ドライバーの特徴を理解し、それとともに個々の特徴やクセなどを認識し、的をえた指導をしていくこと、これが大切だと思います。今週も当社は安全運行に努めます。ご安全に!!

関連記事