常務のひとり言(第18回)

11月27日(金)から11月28日(土)にかけて
(公社)全日本トラック協会青年部会中国ブロック大会があり
参加してきました。今年度は島根県松江市で開催され岡山県からは
24名の参加があり、中国5県の参加者合計は約150名、来賓の方々も
含めると計180名の参加があり、ひじょうに盛大でした。
第一部は研修会ということで講師の公演があり、「私の強育論」
というお題で、講師は元開星高校教諭野々村直通氏でした。
講師が舞台にご登壇され、まず私が持った印象はかなりイカツイ
おっさんだなと。本当に講師?みたいな感じでした。
しかし公演を聞いていく内に、実は優しくて面白い人というのが
分かりました。公演途中にかなり過激な発言もありましたが
私達昭和の親父を持つ世代にはけっこう面白くて共感できる部分が
多々ありました。2時間くらい聞きたかったのですが、公演時間が
45分しかなくひじょうに残念でした。
続いて第二部の懇親会です。8名から9名で1テーブルになり、他県
の荷動きや現状を知る事ができました。青年部会は会員皆さんが
比較的フランクで、気軽に情報交換ができるので楽しいです。
私はまだ33才ですので諸先輩方々からいろいろと勉強させていただき、
こういった会にも精力的に出席し自分の見聞を広めたいと思います。
私達青年が動くことにより自社だけではなく岡山県全体の運送業や
物流部門の発展に貢献できればと思います。

全トラ協

関連記事