常務のひとり言(第17回)

先週11月20日(金)に岡山運輸支局様・岡山県物流青年会様・岡山県トラック協会青年協議会
による合同意見交換会が開催され出席してきました。
最近のトピックス、事故事例、中継輸送などについて重点的にお話しがあり
我々運送業界を取巻く環境の変化や、最近の動向を知る事ができました。
その中でも特に気になったお話しがありました。
貨物自動車運送事業の用に供する事業用自動車の相互使用についてです。
少しわかり難いですが、中継点において他社の車両に荷物を積み替えることなく
運転者のみが交代して行う輸送という意味になっているみたいです。
今後、相互使用のシステムが本格的に活用される様になってきた場合、
多くの諸問題が出てくると思います。私たち運送業界が労働時間や効率化の
問題に取組み、このシステムを上手に使っていくには関係省庁やトラック協会が協力し
私たち運送業界へシステムの浸透を進めていって欲しいと思います。
国内の運送事業者数は6万社を超えており、まずはきちんとした水平展開をおこなって
いただき、すべての企業が不公平感のない使いやすいシステムであってほしいと思います。
最後に会で配られたポスターを貼り付けておきます。少し気が早いですが帰省ラッシュなどで
高速道路を使用する方も増えると思いますので、ご参考に!!

20151124113718_00001

20151124113718_00002

関連記事