常務のひとり言(第4回)

HPをご覧の皆様こんにちは。ご観覧ありがとうございます。
私は大型トラック・トレーラー輸送のエキスパート
株式会社ショウエイ常務取締役下原將貴と申します。

岡山県の朝晩はだいぶ涼しくなり、
肌を刺すような太陽も少し和らぎを感じさせ
秋がもうすぐ隣に感じられる今日この頃ですね。

はい!!うさんくさい詩人の様な一言で
皆様の心(ハート)をガッツリわし掴みにしたか
ドン引きさせてしまったか微妙な空気の中
第4回目の更新をおこなっていきたいと思います。

今回記事更新日は9月14日(月)
月曜日という事で弊社の朝礼の話しを今回はご紹介します。
弊社は毎週月曜日や連休明けは朝礼をおこなっています。
毎朝しているラジオ体操をし、その後、事務職の人達が全員
、事務所に集合し朝礼します。
朝礼の司会は毎週担当者を変更します。はじめに司会者が一言
近況の事や季節の事などを話してくれるのですが皆内容を考えており、
聞いていて非常に感心します。感心するという言葉は上から目線の様で
申し訳ないです。私は役職こそ常務取締役ですが事務所の中では年齢的に
下の方なので、ふむふむと思う話しが多く勉強になります。
本日の朝礼では台風18号の話しがありました。
皆様新聞やテレビでご存知の通り、連日甚大な被害を受けた様子が
報道され、同じ日本人として非常に心苦しいと言いますか大きな
ショックを受けます。今現在日本をはじめとした先進国と呼ばれる
国は世界に多くあります。しかしながら人が持っている力や技術では
防げれない圧倒的な自然の力…。なにかできる事は無かったのか?
報道を見る度に思います。
話しが逸れてしまい申し訳ございません。台風の話しが朝礼の中で
されると、真剣な顔で頷く者、顔がこわばる者、悲しい顔をする者、
今日の朝礼はみんなのそういった表情や仕草に気持ちがでており、
いつもとは違う意味で経験になる朝礼だったなと私自身は思いました。
今回もつたない文章で読みづらいかと思いますが、
ご拝読頂きありがとうございました。
最後になりますが、
被災されました方々の1日も早い復旧をお祈りしています。

関連記事