常務のひとり言(第3回)

常務のひとり言

HPをご覧の皆様こんにちは。ご観覧ありがとうございます。
私は大型トラック・トレーラー輸送のエキスパート
株式会社ショウエイ常務取締役下原將貴と申します。
第3回になり冒頭の挨拶も少々堅苦しいのかなと私自身感じていますが、
性格が真面目なものか(笑)このスタイルで進めていこうと思っています。

第3回目は記事更新にも多少、慣れてきました。
第2回目は少々テンパり気味で、お腹も痛く、食事も喉を通りませんでした。
しかし今回はお腹は痛いですが、食事は食べれそうです。(笑)

さて記事の更新は毎週前半月曜か火曜に一度、後半木曜か金曜に
一度、毎週計2回のペースで更新できればという考えで始めましたが
早速今週はこの1度の更新で終了かなと思っています。
天性の三日坊主が…。(笑)ではなく、日曜日から九州へ出張に
出掛けた為、記事更新が遅れました。
出張先は、福岡県大牟田市新港町。内容はシールドマシン本体の港湾内輸送。
シールドマシン本体には色々な部品がすでに組み込まれて一体となっており、
サイズも大きく重量もありましたが、無事輸送を終了させる事が出来ました。
荷主・お得意先皆様のご協力、本当にありがとうございました。

PS
ここからはかなり業務外のお話になりますが、当社が作業させて頂いた場所は
なんと!なんと!!なんと!!!世界遺産の地なんです。

これより三池港説明文抜粋
長大な防砂堤や潮待ちのための内港、干満に関わらず大型船の接岸を可能にするための
閘門を有する船渠が計画的に配置され、上空から見た形がハチドリのように見える優美な姿が特徴です。
1908年(明治41年)の開港当時の姿を良好に留めており、現在も重要港湾として機能しています。

すごいですね~、先人達の発想力や技術力!
その地で仕事ができた事に感謝!!気になった方は三池港をネットにてご検索下さい。

今回もつたない文章で読みづらいかと思いますが、
最後までご拝読頂きありがとうございました。

関連記事